top of page
検索
  • tfp16106

「中七」?

 川柳は五七五が定型で、「上の句」「中の句」「下の句」から成っています。上の句が五音であれば「上五」と言い、中の句が七音なら「中七」、基本型は上五・中七・下五となります。ただ、川柳を作っていると、中七が中八となってしまう場合があります。以前、当研究会の柳誌「時事川柳」上で「中七」について様々な意見が紹介されました。古来からある五七五を大事にすべきという意見が多く、その理由としてリズム感を多くの方が挙げていました。ということはリズム感が抜群ならば中八でも良いかも知れません。

閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示

第43回よみうり時事川柳愛好者大会を令和5年5月14日(日)に開催します!

51年目となる本研究会は春と秋に愛好者大会を開催していますが、今年の春の大会を5月14日(日)に都内で開催することとなりました。これに先立ち、3月12日(日)には都内で運営委員会が開催され、川上会長、遠藤(剛)副会長、加藤副会長、佐伯事務局長、小久保常任顧問、小松崎常任顧問、高橋運営委員、福井運営委員、小村運営委員、森運営委員、藤吉運営委員が出席し、コロナ対策を含め、安心して楽しめる大会となるよう

Comments


bottom of page